ワンコの飼い主として失格なのはどんな人

吠えるといった諸問題を解消してくれるしつけの仕方で、クリッカーなどの道具を上手く利用して、要所要所で褒めることをやって、犬のしつけ訓練を行ってください。
みなさんの小犬が噛んでくれるという時は、「噛むことは良くない」というしつけをする機会ですよ。噛まないんであれば、「噛むことは許されない」ということをしつけてあげることは非常に困難です。
リーダーウォークのトレーニングは犬の散歩に関するしつけ手法ではありません。みなさんと犬の主従関係を作る試練と言っていいでしょう。なので、動揺しては良くありません。
飼い主さんがトイレの他に、しつけで褒美などを犬にあげている場合、しつけのトイレ練習が成功に終わるまでは、褒美をやることは止めてみてほしいと思います。
しつけの仕方の注意ですが、故意でなかったとしてもポメラニアンに体罰を与えるようなことをしては駄目だと思ってください。怯えるようになって、人間に対して心を閉ざすように成長する可能性だってあるということも聞きます。

以前は、しつけを済ませるまでは吠える、噛む犬に振り回されました。懐いてほしい犬だというのに、私に対して吠える、噛みつく。辛く悲しい日々でした。

通常の犬ならば、噛むこと自体、愛情があってのことで、永久歯が生えるころに甘噛みが多くなったりしますが、この時期に徹底的にしつけしておかなかったら、噛むことが癖のようになってしまうから注意してください。

ƒvƒŠƒ“ƒg

愛犬の無駄吠えなどは、その名の通り吠える必要があるとは思えない場合に吠える癖があること、主人が吠えてほしいとは思っていない時でさえも吠えることですし、とにかく矯正したいものでしょう。
通常、チワワはトイレのしつけなどは大して苦労はしません。しかし、デリケートな神経がある犬なので、しつけ当初はペットシーツの置き場所をあちこち置換しないようにするべきです。
愛犬が噛むことが愛情表現ということであっても、人と生活していくという限り、噛むという行為は危ない行為なので、しっかりとしつけ訓練をしなければ飼い主としては失格でしょう。